熟年離婚と慰謝料

熟年離婚の慰謝料とは

熟年離婚の慰謝料についての前に、

離婚の慰謝料について記述したいと思います。

まず「慰謝料」そのものについての説明ですが、

慰謝料とは不法な行為(故意であっても過失であっても)によって、

損害(精神的な苦痛等)を受けた人が損害を与えた人に対して

その苦痛の代償として損害賠償金を請求します。

その支払われる損賠賠償金の事を慰謝料と言います。

精神的苦痛というのはどういう事かと言いますと、

例えば離婚の件に関して話しますと、

ある夫婦の旦那が妻以外の人と不貞行為

(つまり浮気)を働いたとします。

その事が原因で夫婦関係が破綻した場合、

旦那が妻に対して妻が味わった精神的苦痛に対する損害を

賠償するという意味合いから支払われる金銭の事を

離婚に対する慰謝料と言います。

ですから、単に性格が合わないと言って離婚をするときには、

慰謝料は発生しないのが普通なのではないかと思います。

それはどちらが悪いという問題ではないと思うからです。

しかし、子供がいるとか生活費の面とか色々な事が理由で

慰謝料自体は請求をすることが出来ます。

ただし相手が合意をすればの話です。

しかしあまりにも高額の慰謝料が発生した場合は贈与税という税金が

かかってくる場合がありますので注意が必要になってきます。


ここで注意しなければならないのは、

夫が妻に慰謝料を払うというのがなんとなく

世間一般のイメージとして定着しているような気がしますが、

妻から夫に対して慰謝料を払う場合ももちろん

あるということは覚えておいてください。

慰謝料というのははっきり意味合いを持っているもので、

損害賠償金の一つとして捉えられているものです。

よくテレビなんかで芸能人夫婦が離婚した場合に高額の慰謝料が

支払われるケースを目にしますが、

それは財産分与もあわせたものを慰謝料と言っているので

混同はしないようにしてください。

一般的には離婚に対する慰謝料はそんなに高額なものではありません。

慰謝料の請求というのは離婚したときにしなくてもよく、

期限は離婚成立の日から3年間有効として設定されています。

ですからその期限内に請求をするのであればするようにしてください。

但し、特例はあります。慰謝料請求に期限があることを知らなかった場合、

相手が支払うと合意した場合などは3年という期限が

過ぎても請求はできるようです。

ここで注意が必要なのは最初から慰謝料の放棄をした場合です。

後からやっぱり請求したいといってもその事を覆すのは

大変ですので注意するようにしましょう。

最近多いのは「熟年離婚」ですが、

熟年離婚時の慰謝料というのはとても重要な項目です。

慰謝料と年金分割を比較して請求するなど交渉次第ではより多くのお金を

請求することができますのでじっくり考えて

請求をするようにした方がいいと思います。

ただし、当然性格の不一致などお互いに非がないような状況で

離婚をする場合は「慰謝料」そのものが発生する確率は

低いので注意するようにしましょう。

熟年離婚でも、そうじゃない離婚でも慰謝料については

よく考え請求することをおすすめします。